インドア英会話♪

自宅で身に付く英語の勉強法を紹介!

previous arrow
next arrow
Slider

子どもに英会話をやらせようとするときに、お父さんやお母さんの行動がとても大切だそうです。
お母さんが笑うと赤ちゃんも笑うといいます。この繰り返しで笑うという動作をマスターするそうです。
それと同時に相手の心理状況も理解できるようになるそうです。
このように動作や感情ことを相手の身振り手振りから学び、自分の表現方法を学んでいくということのをミラーミューロンシステムと呼ぶそうです。
他人の動作を自分の頭の中で鏡のように写し出す鏡のようなことから、この脳神経細胞をミラーニューロンと名付けたそうです。
このミラーニューロンは脳の言語野の近くにあるそうです。
人はこのミラーニューロンを下敷きにして、言語を生んだと考えられているそうです。
言語は、原始の人類の身振り手振り、鳴き声の延長にあるということでしょうか。
ある機関では、ママ、パパと一緒に英語の手遊びをするそうです。
手を叩いたり、くるくる回したりして、いくそうです。
英単語のリズムに乗って発音して、英語のリズムを体で感じるそうです。
何度も何度も繰り返して遊び、英語のリズムが身につくとともに、体を動かして英語の意味を理解していくそうです。
赤ちゃんはママやパパがやっていることをジーと見つめているそうです。
何をしたいのか、何を訴えているのか、何を知りたいのか、赤ちゃんを見ていると、何かを訴えているのが判ると思います。
目は口ほどにモノをいうということで、赤ちゃんと眼と眼でコミュニケーションを取っていくそうです。
また、体の動きを通して英語を聞く能力を発達させる方法もあるそうです。
先生が動く動作に合わせて英語を表現していくそうです。
赤ちゃんはベビーサインなどの動作表現をするそうです。
これを活かして考案された方法だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です