インドア英会話♪

自宅で身に付く英語の勉強法を紹介!

previous arrow
next arrow
Slider

英語の教育の中で、チャンツというものがあるそうです。
チャンツというのは、英語圏の子どもたちが言葉を覚えるのにやるそうですが、英会話をやろうという大人にはイントネーションやアクセントが学べてとてもいいと思います。
英会話はアクセントが大切だそうです。
チャンツというのは、韻を踏みます。
単語も覚えられるそうですが、リズムに乗れば難しい単語も覚えられるようになるそうです。
水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星と太陽系の惑星を覚えるのも、英語バージョンがあるそうです。
それをやってみると、惑星のことを口語で「moons」というのだなということもわかったりして面白いと思います。
チャンツはいろんなことがあるようです。
曜日もありますし、果物やジュースや何だってあるかと思います。
惑星でしたら[The planets around The Sun]ということでもちろん「Mercury! Here! Number one. Closest planet to the sun」から始まるようです。
Jupiterだったら赤い点と30以上の惑星からなってます、的なことをリズミカルに言っていくようです。
単語としても、惑星だけでなくgravityやatmosphereやmoonsなど聞いたことあるようなないような単語が出てきたりして勉強になりそうです。
チャンツによって発音よりも、韻を踏むということの大切さもわかってくるかと思います。
juice and yoghurtの場合とbiscuits and cakes はどこにアクセントを置くかというのもわかったりするようです。
例えば、andを強調するのか、Sがつくときはどのような言い方をするのかを知ることができるということのようです。
ジュースを頼みたい時や複数のモノを頼みたいときにとても便利だと思います。
海外で何か注文するときにSが聞こえなかったりすると困るようです。
日本語とそういうところも違うというのがわかって面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です