インドア英会話♪

自宅で身に付く英語の勉強法を紹介!

previous arrow
next arrow
Slider

言葉は繰り返すことで覚えたりするそうです。
父親の転勤でアメリカに行ったりすると、なぜか一番小さな子どもが英語を喋りだすそうです。
英語を話し出す順番として、5歳位の子ども、小学生、中学生、お父さん、お母さんとなるそうです。
小さな子どもは聴覚が鋭く、脳の吸収力が高いということがいえるからだそうです。
環境適応の力も高いというのもあるかと思います。
子どもの言語を覚える能力は大人の想像のはるか上を行っているそうです。
子どもには生まれつき言語習得メカニズムが備わっているそうです。
周りが英語を喋る人ばかりだと、やはり英語を喋り始めるそうです。
環境を驚くべき速さで吸収して、言語をマスターしていくと言えるそうです。
英語を学ぶのは早ければ早いほうがいいといえそうです。
2歳から6歳は好奇心もたかまって、何故? どうして? という質問が次々とでてくるそうです。
知りたいことがいっぱいのときに、英語で答えるということをしてみるといいそうです。
英語を英語として学ばせるのではなくて、カエルのことを説明するのに英語を使ってみるとか、天体のことを教えるときに英語を使うなどのことをしたらいいそうです。
水泳と同じように水に投げ込めば泳げるようになるということだそうで、英語環境で他の教科を学ばせるということで英語が自然に身につくようになるそうです。
英語を勉強するのではなくて、英語でいろんなことを勉強していくというようにするといいそうです。
こうすると自然にボキャブラリーも増えて、早く喋れるようになるそうです。
繰り返すというのはこういうことで、英語を英語として繰り返すのではなくて、他の教科で英語を使うことによって自然に英語を繰り返すことになるというこのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です