インドア英会話♪

自宅で身に付く英語の勉強法を紹介!

previous arrow
next arrow
Slider

最近は、グローバルな視点から物事を捉える企業が増えつつある中で、会議中に英会話を用いるケースもあるようです。日本人的な感覚の中で会議に参加すると、職場の上下関係や派閥などの縺れなどを考慮した発言が、会議内で求められたりもしますが、欧米諸国では、そのような発言や姿勢は、討議されているプロジェクトや商談に興味がない姿勢を表していると、マイナスな評価として受け取られてしまう可能性もあります。会議や商談などでの積極的な質問などは、前向きな考えを表していると捉えられる事が多いので、グローバルなビジネスのシーンでは、そのような言動がプラス要素として受け入れられる可能性が高くもあります。そうは言っても、英会話のスキルの問題から、会議中や商談の途中に「質問」をするという事から逃げている人々も多いのではないでしょうか?そのような人々が、他の人々の会話を遮って、質問する事はかなりのハードルの高い行動となるのかもしれません。そのような時は、「Just a quick question.」などと枕詞ようなワンクッションを置きながら、手短に簡単な質問をするだけでも、相手に会議内容に興味を示していますといったアピールに繋がりよい印象を残すビジネステクニックともなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です